就業規則は会社の法律です。

 「就業規則は、うちの会社には要らない!」…とお考えの経営者の方はいらっしゃいませんか?

もし、法律のない国家があれば、どうなるでしょう?

いわゆる無法地帯です。どんな悪事も許され…国民の生活は…国家の存続は…言うまでもないでしょう。皆様の想像するとおりだと思います。

 

労働基準法第89条にこんな条文があります。(抜粋)

常時10人以上の労働者を使用する労働者は、就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない

物足りない内容の法律ですね…極論ですが、これでは10人未満の会社は無法地帯で良い。というようにも解釈できます。

 就業規則の作成、届出を怠ると、30万円以下の罰金となります。


会社の方針を示すものだからこそ、御社の会社の実態にあっていない、 一般的な雛型の規則をそのまま引用したり、流用することは、後々トラブルの元凶になり兼ねません。

就業規則は会社のルールブックであり、実態に即したものを作成しなければ意味がないのです!

 

会議してるところ